ASNARO-1 画像を対象とした建物検知

下図はASNARO-1の画像から画像認識アルゴリズムを用いて自動的に建物を抽出した結果です。
建物の抽出には2018年に開催された国際的な衛星画像解析コンペティションであるDEEPGLOBE CVPR 2018 - Satellite Challengeの建物検出部門で優勝したアルゴリズムを用いています。このアルゴリズムは近年注目されている深層学習と呼ばれる機械学習の技術を応用しており、その特徴は建物を大・中・小の3つのサイズに分けて扱っている点で、各サイズに特化したニューラルネットワークモデルを構築することで高い検出精度を実現しています。このようなアルゴリズムを衛星画像に適用することで、都市全体の建物マップを網羅的かつ継続的に更新していくことができます。


ASNAROデモ素材.png